行きませんでした

会う人ごとに、「もう帰ってきたのか」とか「大丈夫だったの」とか訊かれます。
あんな凄惨な大事件が起きたのだから、周囲の人たちの心配も尤もなことです。

あの朝は出発を目前に控え、荷物の最終チェックを始めるところでした。
ところが何気なく手許にあったスマホを覗くと、在仏大使館から緊急連絡のメールが入ってました。
「パリ市10区・11区における銃撃事件・人質立てこもり事件,国立競技場における爆発事件の発生に伴う注意喚起」と・・・。
慌ててネットで確認すると、信じられないような情報が次々に飛び込みます。
まず気を落ち着け、食事をしながら対応を話し合い、結局は旅行には行かないという決断をしました。

実は、今年1月の襲撃事件のあと、再び同様の事件が起きるのではないかという不安が、ずっと頭の片隅にありました。
もし、滞在中にそのようなことがあれば、いかなる対処をすれば良いか、個人ではまったく判断がつかないからです。
それで何とか対策がないものかと探し出してきたのが、「たびレジ」という外務省の緊急時情報提供サービスでした。
これが、まさかこのようなかたちで役立とうとは、まったく予想外のことでした。

それにしても、今回の事件現場の周辺は割合と縁のあるところで、しかも滞在中にライブや劇場に足を運ぶというのも毎度のことであり、もし出発スケジュールがもっと早ければ、もしテロの目標が違っていたら、自分だって事件に遭遇する可能性は絶対にないと言い切れない危ない状況でした。
もしかすると、という漠然とした不安感を覚える程度の感覚では、危機管理としては大甘だったということになるのでしょう。

それでちょっと驚いたのですが、修学旅行中の高校生が多数現地にいたという事実です。
地球上に絶対安全な場所などないのは当然ですが、それでも世間知らずの高校生を集団で連れて行っていい場所と悪い場所があります。
私が責任者なら、少なくとも1月の事件を知っていたら、絶対にあのような場所に物見遊山に連れて行かないだろうと思います。
そもそもが、海外それも遠くヨーロッパまで大金を払って修学旅行先にする必要性なんて、どこにあるのでしょうかね。
海外で遭遇する彼らの姿を見るにつけ、いつも疑問に思うわけです。

コメント

  1. ギャンブラー25.11.15

    旅行中止は正しい判断だと思います。今回のことがなくても、旅行にリスクはつきものですが、要は安全(危険)のレベルをどこに置くかでしょう。それはその人の人生観や価値観に左右されますが、今回はたとえ出かけても、現地でくつろいだり楽しい経験をすることは望めないと思います。
    私はというと、これで海外旅行嫌い(本当は飛行機嫌い)の言い訳が簡単にできるようになりました。

    返信削除
  2. ギャンブラーさん、ご心配をおかけしました。
    出発前で、しかも延期という選択肢もなかったので、ほとんど即断即決でした。
    テロの情報を受け取ったときまだ国内での報道が少なく、代わりにネット経由の海外メディアが伝える雰囲気で判断するしかありませんでした。
    仰るとおり、行こうと思えば行けたのですが、現地の人たちが悲しみに沈んでいる時にわざわざ遊びに行くというのは人としてどうかと感じました。

    今回の件、いろいろと思うことは多いのですが、少なくとも私にできることは、度重なるテロに襲われた彼の地の人々が力強く立ち上がれるよう祈るだけです。

    返信削除

コメントを投稿

人気の投稿