2007年6月23日土曜日

初夏の景色


真夏になったかのような週末の昼下がり、汗だくになりながらウォーキングした。あまりの暑さに、遊歩道の脇の水飲み場で、口を漱いで顔を洗う。ふと見上げると、真っ青な空に赤いムクゲがすっくと立っている。梅雨はいったい、どこに行ったのやら。



それでも夕方になると、どこからともなく涼しい風が吹いてくる。昼の間に水分が抜けて塩っぽくなった身体に、注がれた冷たいビールが旨いこと旨いこと。

0 件のコメント:

コメントを投稿

100年の人生

テレビCMで”人生100年”という言葉が出てきて、ちょっとびっくりしました。数年前から、100年を前提に人生設計すべきということが語られるようになってきましたが、もはや常識のレベルにまで上がってきたということでしょうか 人が当たり前に100歳まで生きる時代が到来するなんて、少し...