2008年2月10日日曜日

クリスマスローズ


クリスマスローズが咲いた。育て始めて10年以上になるが、花の咲かない年があったり、夏を越せずに枯らす年があったりと、うちでは栽培にはとても不安定な環境である。日当りのいい地植えで、ろくな世話もしないのに、そのくせ見事な花を咲かせている家をみると、ちょっと妬ましく感じる。まあ、それが人生というものだ。

数種類のクリスマスローズを植えていて、咲いたのは、その中でも優等生のシンプルなオフホワイト。面白みはないが、例年、花を咲かせる律義者だ。しかし、ほかのものは、まだ蕾をつける気配もない。花はうつむき加減の上、茎が十分に伸びないので、植木鉢の縁から覗き込むようにしないと、その様子はわからない。だから、写真を撮るのも一苦労なのである。咲いてくれただけでも有難いのだから、文句言っては罰が当たるのだけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿

100年の人生

テレビCMで”人生100年”という言葉が出てきて、ちょっとびっくりしました。数年前から、100年を前提に人生設計すべきということが語られるようになってきましたが、もはや常識のレベルにまで上がってきたということでしょうか 人が当たり前に100歳まで生きる時代が到来するなんて、少し...