バカンス・・・気分。


いちおう人並みに夏休みだが、宿題をいっぱい抱えているので、どこにも行けず一人で留守番をしている。もっとも、どこにも行けないというより、暑いときにわざわざ疲れることをしたくないという気持ちが勝っているので、留守番といっても気分はバカンスだ。自宅でキャンプを楽しんでいると思えばいい。

土砂降りの上がった午後に、返却期限を過ぎた本を慌てて返しに行き、いつもはそのまま脇目もふらず帰るのだけど、なにしろ気分は「バカンス」だから、ふらふらと寄り道をしながら戻った。その途中で、新しくできたパン屋を見つけ、晩ご飯にカンパーニュとバゲットを買う。パン屋というのに高級レストランみたいな雰囲気の店で、値段もそれなりだったけど、やはりバカンスに冒険はつきものなのだ。

今夜のメニューを考えるが、一人では大げさな料理を作る気もせず、冷蔵庫の余り物で適当にごまかすことにした。冷蔵庫には、昨晩食べ残したポテトサラダとトーフの片割れ、熟れすぎたトマトくらい。長雨で野菜が高いため、青物が不足していた。そこでベランダで栽培している葉っぱを収穫して、これとポテトサラダを挟みサンドウィッチを作った。このところ日差しが弱いため、葉っぱが堅くならず、風味があり意外に美味しい。


メインの料理は、トマトのグラタン。ベースに水気を抜いたトーフを薄く並べて、その上に好きなだけトマトを乗せる。塩、胡椒を適量、オリーブオイルで味付け。酔っぱらっていても簡単に作れるし、とてもヘルシー。メタボが気になるお父さんにはぴったりの料理なのである。酔っぱらいすぎて、熱く煮えたぎった豆腐で口中を火傷しないよう、くれぐれも注意されたい。自戒を込めていう。

コメント

人気の投稿