昼ご飯

天候不順にもめげず、このところバジルがよく生長する。例年の今頃だと、もう勘弁してくれというくらい葉っぱを繁らせるところだが、今年は本当に植物たちの生長が遅れている。もっとも日が照りつけず、気温もさほど上がらないので、毎日水遣りする必要がない。それに虫もつかなくて、とても楽ちんな夏なのだ。

しかし、無精していると後の報いが怖いので、今朝は早起きしてバジルの手入れをした。葉っぱが生い茂ると、風通しが悪くなり蒸れるので、根もとの余分な葉っぱは取り去らなくてはならない。それから、芽の出そうな部分は先にカットして、できるだけ外に枝が広がるようにする。根もとの方は風通しがよく、上の方はまあるく、樹木のようにこんもりとした形になれば理想的なのである。

昼ご飯は、採れたてのバジルの葉でスパゲティを作った。まず麺を茹でる間に、唐辛子と、ニンニクを一かけオリーブオイルで炒める。よくニンニクを微塵切りにして炒めているが、あれは焦げやすいのでお勧めしない。ニンニクを包丁の腹で軽く押し潰して、そのままオイルで揚げるという感じで火を通すのが正解。香りも味も全然違う。それから、あれこれと材料を入れるより、イメージ的にはお茶漬けといった感じで、あっさりと調理する方がいいように思う。その代わり、新鮮なバジルとオリーブオイルをたっぷり使い、葉っぱの香りを楽しむようにして食する。

一緒にトマトサラダも作るはずだったが、手際が悪くて、麺が先に茹だって時間切れとなった。どうしようもなくって、写真だけ撮って、そのまま昼ご飯になだれ込んだ。おまけに、焦って茹で汁を入れ忘れ、少し水分の足りない「お茶漬け」になってしまった。

コメント

人気の投稿