2011年1月31日月曜日

ウォーキング


しばらくサボっていたので、気合いを入れてウォーキングをした。厚着して汗をかくと却って寒いので、薄いセーターにスプリングコートを羽織って歩いた。寒いので懸命に歩く、汗をかいて寒くなる、仕方なくもっと速く歩く、という自虐ウォーキング。遠くの銭湯の煙突から、湯を沸かす黒い煙が立ち上っている。そのまま銭湯に駆け込んで、湯船に浸かっていたいという、強烈な誘惑を振り切るのに大変だった。


神社の境内でストレッチ運動をしていて、絵馬がたくさんぶら下がっているのに気がついた。合格祈願のものばかりだが、なにしろ厳格な先生を祀っている神社だから、神頼みはむしろ逆効果じゃないのかな。大きな志が感じられない願い事は、即却下だったりして。


今の日本に生きていたら、先生、いったいどう思うだろうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

これから我が身に降りかかる、ほぼ確実にやってくる不都合な事態について

まずは、労働人口の加速的減少と高齢者人口の増大(2025年問題)。かねてから想定されたことなのに、社会にはそれに相応しい危機感の共有がない状況です。 つぎに現在進行中の気候変動、地震、とくに東南海地震はその物理的周期性から逃れることはできないのでかなり切羽詰まる深刻な事態。 ...