洗濯機の掃除



洗濯のたびに黒っぽい汚れが付着するようになり、何とかしろと催促されていた。洗濯機は10年以上使用していて、5年前には洗浄剤を使って掃除した覚えがある。ただその時は、思ったほど綺麗にならなかったので、この次は洗濯機をばらして徹底的に掃除してやろうと考えていた。

まずはグーグル先生にお尋ねして、経験者たちの記録を読ませていただく。洗濯機はねじ回しとスパナがあれば簡単にばらすことができ、あとは部品の汚れを根気よく落とすだけの作業。書かれている通りの手順で素直に従うと、だいたい間違いはない。

作業の山場は、洗濯機から洗濯槽を取り出すあたり。ポイントは洗濯槽底面のネジやボルトがかなり堅く、ねじ山を潰さないよう規格通りのツールで慎重に作業すること。ここはやはり、腕っ節の強いお父さんの役目である。それさえ済めば、あとの掃除は几帳面な奥方にお任せしてもいい。

実際に洗濯槽を取り出すと、それはもう鳥肌が立つくらい酷い汚れがびっしりと付着していた。こんな状態で衣類を洗っていただなんて、本当にぞっとする。そこで熱湯シャワーとブラシを使って小一時間も格闘すると、最初の状態が信じられないくらい綺麗になった。何でもやってみるものである。最後に洗濯機を組み立て直して、作業開始から2時間が経っていた。

写真は取り外して風呂場に置いた洗濯槽。今回の作業は、難易度としては自転車のパンク修理並みかそれ以上という感じ。馴れれば、一時間くらいの仕事だろう。良かったのは、普段は放置状態の洗濯機の様子が詳しく観察できたこと。さすがに10年以上経過すると、あちらこちらに亀裂やら錆やらが出来ていた。部品の交換も必要だ。こまめに手入れすれば、寿命はもっと延ばせるだろう。

コメント

人気の投稿