散歩するのに絶好の季節

秋が訪れ、しかも夏の熱気がところどころ残っているこの時期こそが、散歩するのに絶好の季節です。
付け加えると、断然、夜がいい。
まだ窓を開け放している家が多く、そこから夕餉の支度の音や匂いが流れてくる。
どこからともなく、風呂場に反響する子供のはしゃぎ声が聞こえる。
テレビの音や、遠慮がちに鳴る楽器の音色も。
生活の匂いが暗い路地の隅から溢れ出て、通り過ぎる私の鼻先をくすぐり、そこで営まれる様々な暮らしを想像します。

いくら歩いても、それほど汗はかかないし、湿ったシャツは夜風で直ぐに乾いてしまう。
散歩コースは小高い丘と、緩やかに傾斜する低地が連続し、その地形に沿った小道が複雑な線を描いている。
煌々と輝く月が顔を出したかと思うと、すぐに雑木林や民家の陰に隠れる。
しばらくすると、意外な場所から月が上る。
そうこうしているうちに、必ず夜道に迷う。
これがまた楽しい。

初めて通る路地で古本屋を見つけ、店先の100円均一の棚をひやかします。
匂いに吊られて、居酒屋の季節の料理が並ぶ品書きを眺めます。
暑くもなく寒くもなく、何かに急かされるわけでなく、静かに街の景色を楽しみます。
いつまでもあるわけでない貴重な時間。
出来ることなら、こんな時間がずっと続くけばいいとさえ思う。

秋の夜の散歩は、私に許された最高の贅沢なのです。



最近お気に入りのお散歩ソング。
気持ちがしっとりとします。

コメント

人気の投稿