もうちょっと我慢

興味深い本を読みました。
アメリカの億万長者たちの暮らしぶりについての本ですが、図書館のリサイクルコーナーに並んでいるのを貰ってきました。
そうでもないと手に取る機会のない類の本です。

アメリカのお金持ちというと、豪壮な邸宅に住み毎夜派手なパーティーを催しているという、あの「華麗なるギャツビー」のイメージでしょうか。
私はむしろ、プロテスタンティズムの影響が強く、質実剛健の暮らしぶりの人たちを連想するのですが。
さて実際に億万長者の暮らしぶりを調査するとどうなのかというと・・・。

” お金持ちの特徴を三つの言葉で言い表すと
倹約、倹約、倹約 ”

・・・だそうです。
実に退屈な結果になりましたが、やはりそんな感じですか。

お金持ちといっても、地味な職業に就き、質素な暮らしを心掛けている人たちがほとんど。
逆に多くの人が憧れる職業の人たちは、確かに収入は多いものの、支出も負けず劣らず多いため、結局は自転車操業的な暮らしをしている。
見栄を張らなくてはいけない商売は辛いものです。

「稼ぐに追いつく貧乏なし」といいます。
しっかり稼げば貧乏はしないという意味ですが、そうすれば必ず金持ちになるとまでは言っていない。
お金持ちになるには、倹約を重ね、更に投資等で蓄財に励むことが必須だそうです。
つまり億万長者になるには、かなりハードルが高い(そりゃ当たり前か)。


ちなみに彼らのクルマは、平凡な米国車つまり国産がほとんど。
丈夫で壊れない(下取り価格のいい)日本車も評判がいい。
クルマを購入する際に、敢えて中古車を選ぶ人も少なくないとか。
ステータスとか格とかいう得体の知れない感覚には無縁の、あくまで実質本位の堅実な選択です。

じつはクルマの買替えを真剣に考えていたのですが、もうちょっと我慢しようという気になりました。
なにしろ前世紀から乗っているのだから、あと5、6年の辛抱はどうってことないでしょう(笑。
この本の教訓は、決して背伸びせず分相応に生活しなさいということですからね。

コメント

人気の投稿