魔が差す

押し迫ってきました。
別に迫られる事情はないのですが、向こうから勝手に押してくるわけで。
それで締め切り効果が生じているのか、今年中にはなんとか片付けなくてはと、日々雑用に追われてます。

そういうときに限って、余計なことをしたくなるのが人間。
クリスマスイブの夜にスーパーに行ったら、玄関脇で残ったケーキを売っている女性が立っていました。
可哀想だなと思いながらも夜にケーキを食べる習慣なんてないですし、何となく売り子さんの視線を避けて見た先に、叩き売りのリンゴの箱が積み上げられていました。
おお安いと感動しつつも、この時期にリンゴを箱買いしても、一人ではどうしようもありません。
ふと、秋に全然ジャムを作らなかったことに気がついて、さてどうしたものかと迷ったあげく、結局リンゴの箱を抱えて戻りました。
こういうのを、魔が差したというのでしょう。


今回はいつもと違い、雑誌に載っていたレシピを試しました。
試みですから、ほんの少しだけ。
リンゴ4個使って約1キロ、フライパンにいっぱいです。


水を加えて蓋をして、一気に蒸し煮にするのがコツだとか。
で、柔らかくなったらゴムべらで潰して、砂糖を加える。
味加減は好みで適当に。
つきっきりにならないので、この方法は悪くないですね。
最終的に、2瓶分のジャムが出来ました。


コメント

人気の投稿