2014年9月27日土曜日

気になるコーヒーショップ

スターバックスが日本に進出して間もない頃のことです。
外国のとある学生街で、散策中と思われる老夫婦からコーヒーショップの所在を尋ねられました。
しかし私は現地に着いたばかりで右も左も分かりません。
仕方なく、「さっきスタバを見かけましたよ」と返すと、二人は明らかに落胆の表情を浮かべました。

うちの近くにもスタバがありますが、いつも若い人たちで一杯です。
しかし、皆さん黙々と仕事や勉強をしていて、さっぱり落ち着きません。
嫌いというほどじゃないが、店内の雰囲気が疲れるのです。

スタバの人には申し訳ないが、自分にとっては高くて面倒くさいマクドナルドという位置づけです。
ちょっと一休みするなら、寂れ気味のマックで100円のコーヒーを頼む方がずっといい。
意外にもスタバとは違って、年配の人たちが思い思いの時間を過ごしており、いい意味で昔の喫茶店の風情が感じられます。

だから今になって、あの老夫婦の気持ちが良く理解できるのです。
そして、かつては街のあちらこちらにあった、個人経営の個性的な喫茶店を懐かしく思い出します。

ネットで拾った記事ですが、スタバ嫌いの人が作ったコーヒーショップがあるのですね。
ブルー・ボトル・コーヒー
本当に美味しい、個性的なコーヒーを提供する店だということです。
近々東京にも出店するということなので、機会があれば是非立ち寄ってみたいな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

おとなのお絵かき

宅配便の品物を包んでいた大きな紙を一枚用意します。紙質に難ありだけど、ここに自分の未来を描きます。 最初に、将来が確定している事柄、たとえば自分や家族の年齢、人口動態などを横軸に記す。ほぼ確かだろうと思える社会問題も。縦軸は自分の体力、収入、資産等のリソースをあらわし、...