2007年3月24日土曜日

まぎれ込んでいた絵本


時々だが、酔っ払ったはずみでポチッと、意図しないものを注文することがある。今回の誤発注は、図書館の本。予約していた何冊かの本の間に、緑のちいさな絵本が混じっていたのである。

それは、さかざきちはるの「ペンギンのおかいもの」だった。Suicaの例のペンギンが、兄弟揃ってデパートに買い物に行くお話。大人向けの本をポチッとしたつもりが、違うボタンを押してしまったようだ。いい年をしたおっさんに、対象年齢2歳程度の絵本。しかし眺めているうち、なんとも優しい絵と軽妙なユーモアに惹きつけられてしまった。

ちびすけは、ももいろのソーセージを やまもりいっぱい かいました。

おじさんたちはね、ももいろのソーセージのことを「ギョソ」といって、みんな大好きなんだよ。いつまでもくさらないし、マヨネーズをつけてたべるといいんだなー 。なあんてことを話しながら、どこかのちびすけに読んであげたい絵本なのである。

0 件のコメント:

コメントを投稿

100年の人生

テレビCMで”人生100年”という言葉が出てきて、ちょっとびっくりしました。数年前から、100年を前提に人生設計すべきということが語られるようになってきましたが、もはや常識のレベルにまで上がってきたということでしょうか 人が当たり前に100歳まで生きる時代が到来するなんて、少し...