2007年3月26日月曜日

新入り


園芸店でオダマキの苗を買った。花屋で見かけるのと違い、小ぶりで繊細な造りが気に入ったのである。おまけに多年草なので、毎年開花を楽しめるわけだ。そして貧乏性としては、ここのところが肝心なわけ。大鉢に植え替えた後、仲間入りの記念に苗の写真を一枚。だけど花が小さすぎて、狙ったところにピントが合わない。それがかえってイトオシイ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

100年の人生

テレビCMで”人生100年”という言葉が出てきて、ちょっとびっくりしました。数年前から、100年を前提に人生設計すべきということが語られるようになってきましたが、もはや常識のレベルにまで上がってきたということでしょうか 人が当たり前に100歳まで生きる時代が到来するなんて、少し...