2007年5月6日日曜日

試乗


ニューモデルの試乗会に行った。買い換えにはまだ早いが、そろそろ最近のトレンドなどを知っておき、最適の乗り換えタイミングを探る算段なのである。

試乗するのは10年ぶりなんだけど、車のあらゆるところが変わってしまい、気分は今浦島。ハンドルが嘘のように軽く、オートマチックはまるで無段変速のようにショックを感じさせない。そしてそれ以上に感心したのが、車体の安全性能が格段に向上していたこと。いやはや、テクノロジーの進歩に置いてきぼりにされつつあることを、思い知らされてしまった。

車のデザインは、今乗っている車と比べると、ずいぶんと筋肉質で攻撃的な印象。実のところ、そういうのはあまり好まない。車体の安全性能を追求するとそんな形になるのかもしれないが、似合わない服を着るようで気が進まないのである。

帰り際に、ディーラーに乗りつけた古バイクを囲み、係りの人としばし歓談。たまたま以前乗っていたバイクが同じで、昔話に花が咲く。楽しさとテクノロジーは、それほど関係がないんだよな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

100年の人生

テレビCMで”人生100年”という言葉が出てきて、ちょっとびっくりしました。数年前から、100年を前提に人生設計すべきということが語られるようになってきましたが、もはや常識のレベルにまで上がってきたということでしょうか 人が当たり前に100歳まで生きる時代が到来するなんて、少し...