2008年3月23日日曜日

一周年


毎度ありふれた台詞だけど、あたらしい庇をお借りして早1年が過ぎた。近時光陰矢の如し、なのだ。そして、わたしの我が侭にも、黙ってつき合ってくださった皆さんに、深く感謝します。一向に進歩のない当ブログが、曲がりなりにもここまで続けられたというのも、なんといってもいつも定期的に読んでくださる方々の存在なくしてはあり得なかったと思う。だから、顔も名も知らない友人たちに、心から「ありがとう」と言いたい。

それだけでは素っ気ないので、土曜の午後の散歩で撮影したマンサクの花の写真を貼付けた。「マンサクの、はぁあ、花が咲く・・・」、と朝の連ドラで知ったこの花は、クリスマスローズと並んでわたしの大好きな春の花なのである。毎年撮影するいつもの木から、今年も素敵な写真が撮れたことを感謝しつつ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

100年の人生

テレビCMで”人生100年”という言葉が出てきて、ちょっとびっくりしました。数年前から、100年を前提に人生設計すべきということが語られるようになってきましたが、もはや常識のレベルにまで上がってきたということでしょうか 人が当たり前に100歳まで生きる時代が到来するなんて、少し...