靴の修理

レストランのオーナーと景気が話題になり、それはもう大変な影響を受けているという。固定客の多い店なので、さほどとは思ってもみなかった。「景気が悪くなると、みんな質より量なんですよ。何でですかねえ。」と首を傾げている。美食ブームと言ったって、しょせんその程度のものなのだろう。

確かに実入りが悪くなれば、消費するにも気合が必要だ。それは仕方のないことだけど、じり貧消費に陥るのが一番まずい。すべての消費欲を満たすために、値段と妥協して不本意な消費に走る。それをやってしまうと、ますます葛藤が大きくなって、人間が委縮する。そして不景気から抜け出せなくなる。

要は、欲望を自分の意思できちんとコントロールすることだ。不要なものはきっぱりと切り捨て、必要なものだけを大切にすればいい。取捨選択は自分の価値判断で行い、与えられたリソースを有効に活用すれば、手元不如意でも結構楽しく暮らせるものだ。

今日は天気が悪いので、昼間からウォーキングシューズの手入れをする。皮革製のアッパーは全然痛んでないのに、靴底が擦り減ってしまったので早速に修理。昔から愛用している補修剤を使い、擦り減った部分にペーストを盛り上げて乾燥させれば、ごく普通に問題なく履き続けることが出来る。そして、その浮いた分で、妥協なく気に入った靴を買うつもりである。

コメント

  1. lefty9.11.08

    お久しぶりです。
    atoさん、いいモノを紹介していただきました。自分は歩き方が悪いせいか、踵の外側が減ってしまいます。
    早速、ホームセンターに行って買ってきました。今日は天気が良くなかったので、来週末にでも、補修剤を試してみます。
    全ての革靴を磨いてみたら、気持ち良くなりました。大切にしなければいけませんね。

    返信削除
  2. leftyさん、どうもです。
    早速に、お買い上げありがとうございます(笑。
    あまり知られていませんが、意外に優れモノなんです。
    上手く補修できるといいですね。

    返信削除

コメントを投稿

人気の投稿