2009年1月1日木曜日

何もしない

年末年始は安息日と決めた。だから、何もしない。コタツがないので、一日中テーブルの前に座りだらだら過ごす。窓越しに冬の明るい空をぼんやりと眺めたり、ソファに横になり鳥のさえずりを聞く。新聞は取り込んでから、開きもせずにテーブルに積んでいる。腹が空いたら、冷凍食品を解凍して食べる。飯ぐらいは炊くけど、それ以外はしない。酒のあてはないので、バゲットを温めるだけ。そして早めに寝床にもぐりこみ、眠くなるまで本を読んで、短い一日が終わる。

今夜は何日かぶりにテレビを点けた。例年、何はなくともこれだけは見ている、ニューイヤー・コンサート。ウインナワルツなんて普段は聴かないものだが、だからこそ年に一日だけのこの日を楽しみにしているのだ。特に今年はバレンボイムの指揮。バレンボイムの役者っぷりに笑ったり、優雅なワルツに聞き入ったり、あっというまの3時間だった。今年のコンサートにも日本人が多くいたが、もう以前ほどではない気がする。それにしても、ああいう華やかな場所で着物というのは、ひときわ豪勢に見えるものだ。以前にウィーンでオペラを観たときにも、なぜか派手な和服姿の女性がいて、それはもう周りの人たちの注目の的だったものだ。

写真はボックス席から撮影した開演前のオケピの様子。舞台に近い割りに、見るにはやや不便な場所だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

100年の人生

テレビCMで”人生100年”という言葉が出てきて、ちょっとびっくりしました。数年前から、100年を前提に人生設計すべきということが語られるようになってきましたが、もはや常識のレベルにまで上がってきたということでしょうか 人が当たり前に100歳まで生きる時代が到来するなんて、少し...