コーヒー考 その3

先月に、コーヒーの淹れ方を見直す内容のエントリーを立てたが、その後も試行錯誤を続けていた。スーパーのプライベートブランドのコーヒーをいろいろと試し、淹れ方にも変化を付けた。その結果、コーヒープレスを使ったときが、一番好みの味に近づけることがわかった。

ただ手持ちの古いコーヒープレスは3杯用であり、毎朝の分には容量が足りない。それでやむなく新しいコーヒープレスを調達した。本来だったら、今使っているシリーズの6杯用が、デザイン、質感ともに気に入っているのだが、困ったことに少しばかり高価である。かといって手近なものは、デザインが気に入らない。それで間を取って、まあこれならば納得できるかと選んだのが、写真のコーヒープレス

ビーカーは約1リットルの容量があるため、ちょっと大柄なサイズだが、その分ワイヤで構成されたフレームが見た目を軽快にしている。ただ、部材が金属製にもかかわらず、部品の厚みが不足していて、使用感が心なしか安っぽい。価格相応というわけだ。でも、肝心の金属フィルターは目が非常に細かくて、コーヒーの微粉滓をほとんど透過させない。この点は花丸合格。

最大の問題点は、プランジャーを押し下げたときに、底面までしっかりとフィルターを押しつけることができないことだ。だから、抽出したコーヒーは、すぐに別のポットに出す必要がある。放っておくと余分な抽出が起きて、雑味の多い不味いコーヒーとなるのだ。ほんの少しステムを伸ばせば解決できるのに、なぜそうでないのか不思議である。

コメント

人気の投稿