2009年10月10日土曜日

日曜大工

ずっと以前に、衣類や小物を掛けるために作ったハンガー。使っていないときでも、見た目に美しく、楽しいものになるようにと、できるだけスリムで格好いい外観に仕上げた。数年ごとにペンキの塗り直しをするためか、次第に深みのある渋い光沢を放つようになり、先日訪ねてきた客はそれを見てアート作品と錯覚したそうである。デザイン系日曜大工作家(笑としては、それは最高の誉め言葉なのだ。




そして、先月の連休中に作った新ハンガーが左の写真。自室に置くものなので、前作のデザインを踏襲しつつも若干の手直しをした。両サイドの支柱に厚みを持たせ、仮に重いものを掛けても大丈夫なように。しかし頑丈にすると、それだけ野暮ったくなるので、段の位置を全体に上げて、ちょっと腰高の軽快さを演出してみた。当初の予定では天井近くまで届くものを考えたが、2メートル以上の材木は加工が大変なうえ、コストも嵩むことが判明してあえなく断念する。結局、サイズは前作とほぼ同じだが、「男の道具」というようなやや硬派の雰囲気のあるハンガーが出来上がった。


塗装はまだだが、部屋は会計事務所みたいに素っ気ないので、アクセントにするため活気のある色にしようと思っている。できればトマトソースみたいな、食欲のわくようなイタリアンレッドがいい。しかし、塗料の配合がつかめなのでしばらくお預けである。楽しみは、もう少し後まで取っておきたい。

2009年10月2日金曜日

丸より四角


肌寒く感じる夜が増えてきた。冷たい料理よりも、熱々のグラタンが欲しくなる季節だ。素材は何でも良い。店で目についた旬の野菜を適当に選んで、作り置きのソースと混ぜてオーブントースターでチンするだけ。新鮮さと温度がご馳走の料理である。

ところがだ、グラタンを料理する際に、これまで深刻な問題があった。丸い皿がオーブントースターに一度に一つしか入らないのである。そして、1枚目を高温で熱すると、2枚目の皿からはサーモスタットが働き、十分な加熱ができなくなる。時間をかけてようやく2枚目が焼ける頃には、すでに1枚目が冷えてしまっている。実に不幸せだ。

で、何とかならないかと無い知恵を絞って考えたのが、四角い皿を探して、並べて同時に2枚焼けるようにすること。しかし、ただでさえ庫内の狭いトースターである、二つ同時に並んで、かつ最大限のサイズの皿は、世の中にそうあるものではない。ところが、たまたまバーゲンセール中の店頭で発見したのが写真の皿なのである。大きさを測ってみると、実際に試してみないと判断がつかないくらい微妙だったが、駄目で元々の気持ちで買って帰った。

そして、オーブントースターに恐る恐る突っ込んでみると、なんと2枚の皿は一分の隙もなく、ぴったりと収まった。文字通り、ぴったり。それ以来、いつも二人同時に、熱いグラタンを楽しめるようになった。幸せを取り戻した気分であることはいうまでもない。

100年の人生

テレビCMで”人生100年”という言葉が出てきて、ちょっとびっくりしました。数年前から、100年を前提に人生設計すべきということが語られるようになってきましたが、もはや常識のレベルにまで上がってきたということでしょうか 人が当たり前に100歳まで生きる時代が到来するなんて、少し...