英語の勉強、途中経過

英語の勉強を始めて、およそ1ヶ月が経過した。当初心配したモチベーションは下がることなく、むしろ次第に闘争心が沸いてきて、自由な時間のほとんどを学習に費やしている。現在は教材のゲームをほぼ一通り終えて、二巡目に入ろうかという段階。年齢的にいって記憶力に頼るわけにはいかないので、すでに持っている知識を正確にして、それをきちんと使えるようにするのが目下の目標である。

だが書き取り練習ばかりでは退屈することもあるので、ちょっと浮気をして続編のゲームにも手を出し始めたところだ。正編は教科書的な英語の基礎知識の確認作業、続編はそこから一歩踏み出した日常会話を重視した構成になっている。ゲームのタイトル通り、まさに「英語が苦手な大人のためのトレーニング」であり、英語が白紙状態の人にはそれなりの努力が要求されるだろう。私にとっては、もちろん続編のハードルが正編よりずっと高く感じる。しかし、教科書的な勉強に飽きたときに、気分転換としてゲーム的な感覚で遊ぶには、ちょうど適しているようだ。

これまで英語は読むことばかりに偏っていて、文章を書いたり、話したりすることはほとんどない。仕事等で英語が頻繁に必要とされるなら早い段階で勉強を始めていたのだろうが、私の場合はせいぜい旅行の準備の際に電子メールのやり取りをしたり、先方と電話したりする程度で、是が非でも英語をマスターするという動機に欠けていた。ただ、旅先で緊急のトラブルが起きたり、イレギュラーな状態に陥ったとき(実は意外と多いのだが)、やはり相当な重圧を受けるのである。だから、せめてそういう場合でも、平常心で交渉できるくらいの英語力をつけたいと思っている。従って、その程度の習熟が取りあえず目先のゴールであり、縁あってせっかく始めた以上は、そこまではしっかりと英語に精進するつもりである。

コメント

人気の投稿