バーゲンセールの買い物


夏恒例の、ショッピングセンターのバーゲンに駆り出された。以前はバーゲン期間中は混雑が酷くて、そもそも男の立ち入るような雰囲気でなく、呆然とベンチに座っているのはポーター役のおっさんばかりで、お互い顔を見合わせては苦笑いしていたものだった。ところが最近はそれほどでもないらしく、日が落ちてから出向いてもぜんぜん遅くはないらしい。「らしい」なんて他人事みたいな表現だが、なにしろポーターだから、バーゲン事情にはとんと疎いのだ。しかし傍目にも、買い物客の荷物が少なく、景気のよかった頃の休日の賑わいにすら及ばない様子なのだ。駐車スペースだって、不思議なほど空いている。時々、平日の夜ひとりで、ショッピングセンター内の書店に立ち寄るのだが、あまりにも静かで商売は大丈夫なんだろうかと心配になるほどだ。

我が身を振り返れば、さもあらん。20代の頃は、ここのバーゲンが楽しみで、服だの雑貨だのけっこうな数を買っていたものだけど、最近は特に欲しいものがあるわけでないので、よほど気に入ったものでない限り食指が動かない。せいぜい文房具屋で足りなくなったものを補充したり、食料品の特売を探したりする程度。そして昨夜の買い物もそういう感じで、なんだか消費不況の後押しをしているようで申し訳ない気持ちになる。

そんな中で、ほとんど唯一、これが欲しかったんだよなという買い物が、ホーローの漬け物容器。前回のエントリーでぬか漬けのことを書いたが、使い古しの小さなタッパーを使っていたので不便で仕方がなかったのだ。で、バーゲンになったらきっと安くなるだろうからと、昨日までじっと我慢していたというわけだ。冷蔵庫に保管できて、それでいて十分の大きさがあることが漬け物容器の条件だった。写真は、古い容器から糠床を移し替えたばかりの新しい漬け物容器の様子。さすがに新品の容器で漬け物をさくさくと仕込むのは気分が良く、これから糠を足していって今まで無理だった大きな野菜を漬けてみたいと思っている。

コメント

人気の投稿