2010年11月28日日曜日

ひなたの散歩


ヴェランダに草木があるせいで、鳥や昆虫がたくさん寄ってくる。冬が近づくと昆虫はめっきり減るが、鳥たちは相変わらず葉っぱや実を啄みにせっせとやって来る。せっかく掃除した後に、点々と鳥の糞が落ちているのは腹立たしいが、その分楽しませてもらっているので仕方のないことだ。

カマさんがやって来て半月以上になるだろうか。網戸を洗おうとして、隅っこにしがみついているのを発見した。季節柄餌は少ないし、夜は冷えるし、あとどれほど寿命があるか分からないので、しばらくそっとしておくことに。それから毎朝顔を合わせるようになり、こちらで勝手に名前を付け、元気にしているか気にかけるようになった。

今日は日中暖かく、いつもは微かにしか動かないカマさんも、日向で機嫌良く散歩している。カメラを向けると、頭を上げて、大きな目でこちらを凝視した。網戸の片付けはしばらく先のことになりそうである。

0 件のコメント:

コメントを投稿

100年の人生

テレビCMで”人生100年”という言葉が出てきて、ちょっとびっくりしました。数年前から、100年を前提に人生設計すべきということが語られるようになってきましたが、もはや常識のレベルにまで上がってきたということでしょうか 人が当たり前に100歳まで生きる時代が到来するなんて、少し...