2010年12月17日金曜日

今年の旅 1


出不精の自炊派なので、外食は好まない。だから旅行していて困るのは食事なのである。朝昼晩3食とも外食しなくてはならないというのは、けっこうなストレスになる。そこで今回の旅行では、台所つきの部屋を借りて出来るだけ料理を作るようにした。


直ぐ近くに大きな市場があり、べらぼうに安くて新鮮な食材が手に入る。当地ではピカイチと言われるパン屋やチーズ屋もある。早朝から買い物袋を下げて、今まで指をくわえて見てた食材を買いあさり、いそいそと戻って調理する。わたしは野菜料理が好きなので、泥つきの香りの強い野菜を選んでサラダにして食べる。その旨いことったら、顔がだらしなく緩んでいくのが分かるくらい。焼きたてのパンはバリッとした歯ごたえ、小麦のしっかりとした香りが口中に広がり鼻に抜ける。まさに至福の時である。


テレビのニュースでは連日、ヨーロッパ各地の大雪の様子を伝えていた。この時期それほど降るわけではないので、あちらこちらで交通が混乱し、雪の積もった街では目の前で派手に転ぶ人も多く、歩いていても危なくてしようがなかった。トップの写真は、借りた部屋にある中庭の雪景色。


クリスマスシーズンの雰囲気は満点だけど、歩き回るのは時間が掛かって大変だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

おとなのお絵かき

宅配便の品物を包んでいた大きな紙を一枚用意します。紙質に難ありだけど、ここに自分の未来を描きます。 最初に、将来が確定している事柄、たとえば自分や家族の年齢、人口動態などを横軸に記す。ほぼ確かだろうと思える社会問題も。縦軸は自分の体力、収入、資産等のリソースをあらわし、...