美術館へ

日本海側は大変な大雪だというが、東京は穏やかに晴れた日曜日。昨日まではビデオで映画を楽しんだり、読みかけの本を片づけたりしながら、ずっと引き籠もっていたので、久しぶりに電車に乗って都心へ行く。向かう先は、皇居お堀端の美術館。今日は年に何回もない無料観覧日なのだ。


無料といったって、交通費の方が高くつく程度のことなんだけど、お年玉を貰うようで縁起がいい。おまけに今年は出遅れたので駄目だったが、早く行けば本物のお年玉だってもらえるのだ。それから、何しろ正月早々から美術館にやってくるような連中である。野次馬の少ない、普通の美術ファンばかりなので、理想的なコンディションで鑑賞できることも有り難い。


今回は館内ツアーにも参加して、ガイドさんの解説を聞くことができた。参加者たちと対話しながら、当意即妙の解説をするのだが、それがとてもボランティアとは思えないくらい話し上手。わたし自身も縁があって誘われているのだが、こういうのを聞いてしまうと、やっぱり気後れしてしまう。意義深いボランティア活動だとは思うのだが、そのためにはもっと勉強しなくてはね・・。まだまだ遠い先の目標である。

コメント

人気の投稿