2011年2月19日土曜日

パン屋通い


週末は、一週間分のパンを買いに行く。買うのはいつもバケットだけ。それを切って、冷凍して、半分ずつ食べている。いいパン屋かどうかは、味と値段のバランスがとれているか否か。パンにはパンの値段というものがあり、その値段の範囲で努力するパン屋がいいパン屋。法外な値段を付けて平気なパン屋が、悪いパン屋なのである。


最近、知人に教えてもらったパン屋が気に入って、少し遠くて不便なところにあるが、自転車にまたがり足繁く通っている。味と値段のバランスは、あきらかに味の方が勝っている。出来ることなら、その近所に暮らしたいと思うくらい。自転車で往復1時間以上は、ちょいと骨なのである。

0 件のコメント:

コメントを投稿

100年の人生

テレビCMで”人生100年”という言葉が出てきて、ちょっとびっくりしました。数年前から、100年を前提に人生設計すべきということが語られるようになってきましたが、もはや常識のレベルにまで上がってきたということでしょうか 人が当たり前に100歳まで生きる時代が到来するなんて、少し...