2011年4月30日土曜日

連休の読書


いつもの年なら、五月の連休はちょっと迷惑だったが、今年に限っては有り難い。この2ヶ月ちかく、地震、原発、政治、景気、自分なりに考えなくてはならないことが多く、ここらで息抜きしたい気分だった。悲しみや失望で傾いたこころの柱を、普段通りに戻す工夫が必要だ。わたしの場合は、例によって散歩と読書、残った時間に料理と雑用。手足を動かし、視野を広げることでしか、物事を相対化できない。

午前中に何カ所かの図書館を回って、予約していた本を借りてきた。小説を読む気分じゃないのが、かといって堅い本も気乗りしない。それで特にテーマもなく、雑多なものばかりだ。テーブルに積んで、気が向いた本からつまみ食いするつもり。

0 件のコメント:

コメントを投稿

100年の人生

テレビCMで”人生100年”という言葉が出てきて、ちょっとびっくりしました。数年前から、100年を前提に人生設計すべきということが語られるようになってきましたが、もはや常識のレベルにまで上がってきたということでしょうか 人が当たり前に100歳まで生きる時代が到来するなんて、少し...