2011年7月16日土曜日

梅干し作業


紫蘇を買ってきて、梅に漬け込んだ。洗った紫蘇の葉を一晩干して、翌朝の涼しい間に作業をした。その干した葉をバケツに入れて、上から塩をまぶして、水分が出るまでしっかりと揉み上げる。


両腕に体重をかけて2,30分も頑張ると、次第に紫色の汁が出てくる。ここまでで、もう汗だくだ。


それを十分に搾って、かすかすの団子状にする。


それから団子を解して、先に漬けていた梅の間に入れ直して作業は終了。予想していた以上の重労働だったが、梅の爽やかな香りと、紫蘇の何とも言えないいい匂いで、気分は最高である。

どうなることかと思ったが、ようやく梅干しらしくなってきた。だがスケジュールは遅れがちで、気持ち焦っている。一方、みそは元気に発酵し続けている。実りの秋が近づく♪♪

0 件のコメント:

コメントを投稿

100年の人生

テレビCMで”人生100年”という言葉が出てきて、ちょっとびっくりしました。数年前から、100年を前提に人生設計すべきということが語られるようになってきましたが、もはや常識のレベルにまで上がってきたということでしょうか 人が当たり前に100歳まで生きる時代が到来するなんて、少し...