2011年8月20日土曜日

土曜はコンフィで


桃の皮を剥くのは、包丁より素手でやったほうが簡単である。桃を真半分に包丁を入れ、両手で左右に少しずつ回転させると、皮の部分だけが緩んでくる。そうなったら皮の切れ目に指をかけ、指で半分ずつ裂けないように皮を剥ぐ。果肉がくっついていてもぜんぜん構わない。最終的に剥いだ皮を裏返して、包丁の峰で残った果肉をしっかりとこそげ落とす。ペラペラになった皮は捨てずに小袋にまとめ、色出しのために一緒に煮て、そのあとで捨てること。


砂糖は果肉の1割程度の量を基準に、各人の好みで加減。煮込みには時間をかけず、あっさりと作るのがコツであるとか。今回は桃8個で、30分程度で仕上げた。


瓶に詰めて、ラベルを貼って一丁上がり。見かけは悪いが、味のほうは大丈夫。冷蔵庫には、まだ6個も桃が残っているが、さてどうしようか。実のところ、もう食べ飽きてしまっているのだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

100年の人生

テレビCMで”人生100年”という言葉が出てきて、ちょっとびっくりしました。数年前から、100年を前提に人生設計すべきということが語られるようになってきましたが、もはや常識のレベルにまで上がってきたということでしょうか 人が当たり前に100歳まで生きる時代が到来するなんて、少し...