できることは節電くらい


2月の電気使用量、235kWh。思えば昨冬まで、ふつうにエアコン暖房してました。しかし大地震を契機に2台のエアコンのプラグを抜いて、もうそれっきりの状態。エアコンは壁に張り付く粗大ゴミに。代わりにガスストーブ1台と分厚い靴下とセーターを着て、この寒い冬を乗り切りました。その結果、電気使用量は昨年同月比でほぼ半減。

ちょっと困ったのは、契約アンペアをぎりぎりに下げたので、時折いきなりブレーカーが落ちること。なのでアンペア数の大きな電気器具を使うときは、必ずほかの器具の使用状況を確認しなくてはなりません。特に電子レンジと、電熱器を同時に使うと危ない。貧乏学生の頃を思い出す。

そして今月は、139kWh。昨年同月比4割減。反原発で当選した区長さんから表彰してもらっても良いくらいの数字だけど、半月は家を不在にしていたのでズルの数字。それを割り引くと、ほぼ昨年と同じくらいのレベル。もうすぐ暖房のいらない季節、引き続き節電の工夫を重ねます。

それはそうと大阪は脱原発運動が盛んですが、果たして大丈夫なのでしょうか。電力不足で製造業を大阪から追い出してしまうと、それに伴い住民の大量転出が起き、ただでさえ税収不足なのに更に歳入が減り、そのまま財政破綻の引き金になるのでは?もちろん原発はない方がいいが、嫌でも上手に付き合わなくてはならない現実もあるわけで、ここは住民の徹底した節電が先じゃないかなあと思う次第です。

コメント

人気の投稿