2012年8月16日木曜日

台所でくつろぐ



暑い季節に、我が家で一番居心地のいいのが台所です。風通しが良く、手を伸ばせば届くくらいに樹木が覆い被さり、今日のような猛暑でも周囲より数度は気温が低く感じられます。そんなわけで、台所のスツールに座り、真っ昼間から飲んでます。

ことし漬けたばかりの若い梅干しをひとつ、氷と炭酸水、それに冷房をかけないご褒美に焼酎を少々。ソーダスプーンでかき混ぜながら、真夏の暑さを楽しみます。もちろん普段はこんな奔放なことしません。残り少ない盆休みですから、鬼の居ぬ間に、ほんのちょっぴり羽を伸ばせてもらっているだけです。

吹き抜ける風に、遠くの蝉の声。焼酎をつぎ足し、カラカラと氷を回しては、何もしない幸せを噛みしめます。けっきょく今年も、どこにも出掛けない引きこもりの連休となりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

100年の人生

テレビCMで”人生100年”という言葉が出てきて、ちょっとびっくりしました。数年前から、100年を前提に人生設計すべきということが語られるようになってきましたが、もはや常識のレベルにまで上がってきたということでしょうか 人が当たり前に100歳まで生きる時代が到来するなんて、少し...