白熱灯100ワットクラスのLEDに取り替えました

 最近になって、100ワットクラスの白熱灯に匹敵する明るいLEDが出ているのに気がつきました。ネットでの評判も上々なので、我が家のランプ用に注文しましたところ、いざ届いた商品を取り付けてみると、なぜか数センチほど長すぎて入らない(笑。白熱灯、蛍光灯と並べてみると、二回りほど大きいのです。うちと同じ型番のランプでOKだった人もおられたのですが、こちらはオリジナルデザインの古いタイプなので融通が利かない。


ちょっと作業が面倒でしたが、電球ソケットを丈の短いものに取り替えました。オリジナルは白熱灯を前提に位置調整しているので、この部分をLEDの長さに合わせて改造するわけです。滅多にお目にかかれない美しい陶器のソケットだったのですが、残念ながらどこにでもある安物に交換です。それからシェードの位置を固定する部品も適当に工作して付けました。



改めてLEDを取り付け直すと、今度は具合良くシェードの中に収まりました。光の明るさや広がり方は100ワット白熱灯と遜色なし。色合いは、白熱灯特有の黄ばみが抜けて、すっきりと透明で清潔な感じ。電球型蛍光灯の微妙な色合いとは、比べものになりません。料理が自然に見えます。そして発熱の具合はさすがにLED、長時間点灯してもほとんど熱くなりません。これで今まで悩みの種だった真夏の頭上電気コンロ状態ともおさらばです。



さて多少の日曜大工が必要でしたが、古いPHランプと最新のLEDの取り合わせは良いこと尽くしのうれしい結果となりました。結婚当初からずっと使っている思い入れのあるランプなので、なんとか最後まで使い続けたいと思ってましたが、これで問題は一件落着です。耐用時間数が4万時間ということなので、10数年後の次の交換時期には、どんなに素晴らしい製品が登場しているか楽しみでもあります。

コメント

  1. atoさんは器用だから何でもやってしまいますね。前にも書きましたが、当方は蛍光管でしのいでます。
    しかし、PH5とPH50のために設計・開発されたLEDがあると聞いて、少し心が動いています。
    確かに明るそうです。
    いいお値段ですが・・・。

    返信削除
  2. 専用のLED電球は、私も購入前に比較検討したのですが、価格もそうですが、明るさや耐久性といった面でも魅力を感じませんでした。発展途上の商品は、やはり最新型を選ぶのが正解じゃないでしょうか。

    leftyさんちのは新型のランプですから、手を加えないでも簡単に取り付けられるのじゃありません?

    返信削除
  3. アドバイスありがとうございます。
    今年のGWは暇なので、その時にチャレンジしてみます。

    返信削除
  4. GWを待たずして同じ物を取り付けてみました。
    atoさんの言うとおり、我が家の器具はまったく加工することなく普通の取り付け。
    蛍光灯よりずいぶん明るいですね。
    納得、満足しています。

    と同時に、E17口のフロアスタンドに40W相当のもの(アイリスオーヤマ製)を付けてみましたが、こちらは白過ぎて家人からあっさりとNG。
    もったいないので、玄関のダウンライトに付けたところ、今までの60W電球より明るさを感じる結果となりました。あまり点灯する場所ではありませんが、とりあえず結果オーライ。

    一日数時間点灯するフロアスタンド用は、もう少し時間をかけてマッチするものを探してみます。

    返信削除
  5. おぉっ、ばっちりでしたか!
    きっと大丈夫と思ってましたけど(笑。

    LEDは意外に色合わせが難しいですね。
    うちのフロアスタンドは他社のLEDですが、PHと比べ赤みが強いです。
    あまり気にしないようにしています。
    おそらく同じシリーズの製品だと、問題にならないのでしょうが・・。

    返信削除

コメントを投稿

人気の投稿