2013年8月14日水曜日

バジルのソースを作る


ネットで捜し物をしていたら、とてもセンスのいいビデオ映像を見つけました。
バジルのペーストを作っているのですが、もう見ているだけでおなかが空きます。
幸いベランダには材料がふんだんに生えてるし、パルミジャーノは冷凍庫に固まりで眠ってます。
レシピは適当。極めていい加減。作りながら足したり引いたりすればいいじゃありませんか。


ビデオの中でやってたように、包丁だけで刻んで作る方がおいしそうに思ったのですが、夜も更けて時間がないので、今回はすり鉢でやります。
ニンニクと葉っぱは粗みじんに下拵えして、堅い順にすり潰していくだけ。
塩とオイルを少しずつ足しながら、何度が味見をして完成です。
パルミジャーノは、混ぜずに仕上がり直前に、料理にざっくりと掛けます。
バジルの量は20グラム程度でしたが、結局10人前くらいのペーストが出来ました。


パスタはたまたま切らしていたので、ニョッキに絡めて食べました。慌てて食べたので写真を撮るのを忘れた。
作りたては、どんなに下手くそでもおいしいものです。

ちなみに使ったすり鉢は、イケアの非常にリーズナブルな商品。
もっぱら香辛料を擦るために買ったのですが、意外に用途が広くて重宝してます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

おとなのお絵かき

宅配便の品物を包んでいた大きな紙を一枚用意します。紙質に難ありだけど、ここに自分の未来を描きます。 最初に、将来が確定している事柄、たとえば自分や家族の年齢、人口動態などを横軸に記す。ほぼ確かだろうと思える社会問題も。縦軸は自分の体力、収入、資産等のリソースをあらわし、...