一期一会か

週に一度は、必ず書店の棚を眺めるようにしています。
今どのような本が店頭に並んでいるか、様子を知っておきたいから。
自分の好みでない本でも手にとって、目次くらいは目を通すようにする。
好みの本ばかり読んでると、確実に取り残されますからね。

近ごろ本を読むスピードが落ちてしまって、一冊をなかなか読み終えることが出来ない。
飛ばし読みすればいいのだが、それは性格的にちょっと無理。
だから新刊書の棚の前で、ただ呆然とするばかりです。
読みたい本ばかりが溜まっていく。夏に買った本ですら、いまだに積ん読状態。
今年も残り4分の1しかないと思うと、強い焦りを感じます。
以前のように、気の向くまま行き当たりばったりの読書が許されない気分です。

図書館の玄関側に除籍図書のラックがあって、ときおり気になった本を貰ってきます。
返却日がない、というのが妙に嬉しい。
先日は須賀敦子のエッセイがでてたので、喜んで頂戴してきました。
目的もなく、思いついた時にぽつりぽつりと読む、という読み方にぴったりです。
つかの間の寄り道読書というわけ。

その中にサン=テグジュペリについて言及があり、気になって書棚の奥から学生時代の文庫を取り出して読み始めてしまった。
変色したページの間に、これを買い求めた時のレシートが挟んだままになっていました。
レシートの日付を眺めていて、よほどのことがない限り読書は一期一会だと実感しました。
時間が有り余っていたあの当時は、そんなこと意識すらしなかったものですが。

コメント

人気の投稿