ウィンドウズ オン マック

近時、コンピューターウィルスや偽サイトを利用し、重要な個人情報が抜き取られてる事故が頻発しているといいます。個人ばかりでなく法人にも被害が発生し、多額の金銭的損害も発生している模様。
最近も身内の人間が普段から利用している銀行のサイトにアクセスしたところ、何かいつもと様子が違っていたので入力する寸前で思いとどまって、危うく難を逃れたという出来事がありました。
日頃からそれなりの予防をしているつもりですが、何時自分が被害者にならないとも限らないので、セキュリティの見直しを真剣に考えています。

コンピューターウィルスの標的となっているのは主にWindowsだということなので、Windows以外のOSを搭載したパソコンに、実際的にはMacへの乗り換えを検討しています。
しかし、長年もっぱらWindowsを実務で使っていて、それを全部捨てて乗り換えるのは慣れるまで時間がかかるうえ、コスト的にも厳しい。
ならばまったくネットには繋がないWindowsとネットに繋げるMacをパソコン2台で使い分けるという方法も考えられるが、それでは机の上がますます狭くなる。
もちろんMacにWindowsを入れ、必要に応じてどちらかのOSを立ち上げて使うという方法(Boot Camp)もありますが、機材は1台で済む反面操作が煩わしくなります。
そうなると、特殊なソフトでMacとWindowsをひとつのデスクトップで併存させるという方法が残されるわけですが、果たしてストレスなくスムーズに動くのかという疑問が残ります。

そして待ちに待った連休、さっそく実験です。
手許にあるのは普段から妻が使っている、7年前のMacBook。今となっては貧弱な性能ですが、もっぱらインターネットを利用するだけなので問題はありません。
ただ、ソフトがそれなりにパワーを必要とするらしいので、できるだけリソースを食わないように、懐かしのWindows2000をインストールします。
そして表計算ソフトは、もはや誰も使っていないと思われる前世紀のExcel。シンプルで軽いので、いつかは役に立つだろうと保管してたもの。
この古いものの組み合わせで問題なく動けば、先の目論見は検討に値することになります。


で、インストール中のWindows2000。この画面を最後に見たのは何時のことだったでしょう。少なくとも10年は経ちますね。
それがMacのデスクトップで動いているのが不思議で仕方ありません。
当時はインストールするにもずいぶんと時間がかかったはずでしたが、パソコンの性能が向上したのであっという間に済んでしまいました。


そして立ち上がったWindowsのデスクトップ。何か作業する場合は、Windowsのデスクトップは表示させずソフトの画面のみを表示させるので、本当にMacとWindowsが融合したように見えるわけです。


懐かしのExcelを立ち上げた様子。Windowsのデスクトップがないので、Macとの垣根が消えてしまってます。
そして実際に作業をしても、私の用途では全然ストレスを感じません。
7年前の古いMacBookなので、完全な動作をほとんど期待をしていませんでしたが、その予想は見事に裏切られました。
もちろんマシンのパワーを食うような作業では、さすがにそうはいかないでしょうが、通常の事務処理ではまったく問題ありませんね。

コメント

人気の投稿