2014年5月27日火曜日

「でんき家計簿」

過去10年にわたって、電気、ガス、水道等の光熱費の使用量、金額を表計算ソフトで記録しています。
以前は家計簿にまとめて記録していたのを、省エネを意識するために別立てにしたものです。
ダイエットの一手法として、毎日の体重を記録するだけでも効果が上がると言いますが、光熱費を記録するのも同様な効果があると思います。
ただ、ひどく地味な作業なので、誰にでもお勧めできるようなものではない。
 
東京電力の「でんき家計簿」という家庭向けの電気使用量照会サービスがあるのを知り、さっそく使ってみました。
電気使用量と料金が自動で記録され、利用者がそれをグラフで確認して節電に努めるという趣旨のサービスです。
これならば、電力会社が勝手に記録してくれるので、手軽さという点で優れています。
ちなみに「でんき家計簿」で見た、我が家の電気使用量と利用料金のグラフ。


昨年度との比較しかできないのが残念ですが、節電の努力がグラフになって現れるというのは嬉しいものです。
赤の折れ線は、同じ契約容量利用者の平均使用量ということで、なにげに競争心を煽る工夫もされています。
うちは20アンペアですが、今年の冬は寒くて頻繁にブレーカーを飛ばしました(笑。
そこでグラフを見ると、冬場はよそのお宅より、かなり多く電気を使っていることが分かります。
家の中では、かなり厚着をして頑張ったつもりですが、そんな程度ではまだまだ甘いということらしい。


料金の方は、この2ヶ月使用量は下がっているのに、金額には変化がありません。
じわじわと値上げの影響が出ていることが、グラフ上で一目瞭然です。
近々再値上げするという話なので、今後も電気代から目を離せません。

このサービス、いい試みだとは思いますが、1年分の記録しか参照できないという点が惜しい。
節電というのは、息の長い地道な努力なのだから、その成果を確認するには数年分の記録が必要になります。
そしてもうひとつ、電気ばかりが光熱じゃありません。
都市ガスはもちろん、上下水道だってエネルギーを使っているのだから、これらをトータルに把握できなくては省エネの意味に乏しい。
関連会社が共同して運用する、一括してエネルギーの利用状態を確認できるようなサービスがあると素晴らしいのですがね。

2014年5月21日水曜日

東経135度の街へ

前回明石の街を訪れたのは学生の頃。当地出身の女性に連れられて、名物のたこ焼きを食べに行きました。
たこ焼きといっても普段よく目にするあれでなく、出汁に浸して食べるふわふわとろとろの明石焼きというもの。
さほど遠くない場所で生まれ育ちながら、このようなたこ焼きがあったことすら知らず、初めての味にすっかり魅了されたものです。
また食べたいなと思いながらも、その後はずっと東京暮らしで再び出会う機会はありませんでした。
しかしようやく再訪するチャンスを得て、やっと思い出の明石焼きを堪能してきました。


15個も並んで、たったの600円。
当時とそんなに値段が変わらないような気がします。
その代わり、タコが若干小さくなった感じもしますが。
昼飯代わりに食べましたが、これだけでもうお腹が一杯でした。
他にも試したいメニューが並んでましたが、残念ながら今日はここまで。



明石といえば鯛や蛸をはじめとする海産物が名物。
新鮮な魚を求めて商店街を歩き回りました。
訪れたのは日曜でしたが、店先ではその日捕れた魚が文字通り飛び回ってました。
鮮魚店はそれほど多くないですが、どれも活きが良くて何を買うか迷ってしまいます。


ちょっと目を離すと脱走する蛸たち。
明石の蛸は立って歩くと言われますが、この日はちょっとお疲れのご様子でした。


記憶では、もっと活気あふれる街だったような気がしますが、ここも他の地方都市の例に漏れず、やはり静かに老いていく街という印象を持ちました。

100年の人生

テレビCMで”人生100年”という言葉が出てきて、ちょっとびっくりしました。数年前から、100年を前提に人生設計すべきということが語られるようになってきましたが、もはや常識のレベルにまで上がってきたということでしょうか 人が当たり前に100歳まで生きる時代が到来するなんて、少し...