2014年6月8日日曜日

雨の合間に


なにかと気忙しい日々が続いています。
目の前の雑事を黙々とこなしているうちに、いつの間にか春は過ぎてしまい、憂鬱な季節を迎えていました。
いつだってそんな具合に時は過ぎますが、残り時間を意識するようになると、かすかな焦りすら憶えるようになりました。


やりたいことは、できるだけ早めにやっておくべきだ。
今という時間を大切にすべきだと、痛切に感じます。


バラ園に行こうよと、何度か誘われていたのを思い出し、シーズンも終わりになってやっと行く気になりました。
家からはちょっと遠い場所だったので、これまでなかなかその気になれなくて。
しかし、行けるうちに行っておかないと、次はないかもしれないと思い直したわけです。


天候が気懸りでしたが、現地に到着するとうまい具合に雨が上がってました。
さすがに最盛期は過ぎていますが、満開の時期よりも、却って風情を感じます。




0 件のコメント:

コメントを投稿

100年の人生

テレビCMで”人生100年”という言葉が出てきて、ちょっとびっくりしました。数年前から、100年を前提に人生設計すべきということが語られるようになってきましたが、もはや常識のレベルにまで上がってきたということでしょうか 人が当たり前に100歳まで生きる時代が到来するなんて、少し...