雨の日の小旅行

9年ぶりの京都散歩。
前回は北区周辺を散歩したので、今回は左京区にある銀閣寺界隈を歩きました。
かつて学生時代に住んだところなので、町のあちらこちらに思い出が染みついてます。
とは言うものの、その当時通った飲食店はすべてなくなってしまい、お世話になった銭湯や古本屋も消えてます。
変わらないのは学生の多さと、観光名所くらいでしょうか。



毎日通った哲学の道。


大雪の日の朝、下宿の人たちと雪景色を見に行ったのが最初で最後だった銀閣寺。
今回は雨の降りしきる中での訪問です。



当時と違うのは、観光客のほとんどがアジアの若者たちだったということ。アジアは驚くほど豊かになりました。
あの頃の観光客、外国人は非常に珍しく、いわゆる「アンノン族」の女性たちが中心でしたね。


銀閣寺の後は、岡崎公園の美術館に行き、近くの喫茶店で一休み。
今じゃ死語ですが、ときおり暇つぶしに入った「ジャズ喫茶」。
ここは当時から営業している、ほとんど唯一の老舗ジャズ喫茶です。
建物自体は新しく建て替わってましたが、店内の様子はそんなに変わっておらず、ちょっと感動しました。
ただ、当時の客は学生ばかりだったのに、今は落ち着いた中高年の和みの店に。時間は静かに流れていきます。



そして夜。
ホテルのコンシェルジェに探してもらった「おばんざい」を出す店で晩ご飯。


なにせ関西人ですから、疲れたときはこういう薄味な野菜料理が、たまらなく旨い。
好物、冬瓜の煮物です。


コメント

人気の投稿