自家製手帳、新作


恒例の自家製手帳、今年の新作を作った。とはいっても、細かな部分を変更しただけで、基本的な考え方やデザインはまったく同じ。変更点のひとつは、手帳のカドを丸めたこと。手帳をポケットやカバンに出し入れするとき、表紙のカドが引っかかって傷をつけたことがあったため。もうひとつは、裏表紙に折り返しの耳をつけていたのを、今回は廃止したこと。意外に使い勝手が良くなかったのである。

加工の素材として、引き続きmujiのノートを使った。mujiに拘っているわけではないけど、A5・糸綴じ・無地の表紙、しかも安価で、求めやすいという譲れない条件を満たすのは、結局これだけだったからである。書き味を追求した高価なノートはいくらでもあるが、純粋に消費者の使い勝手を考えた質素なノートって、意外にないものだ。

それから最後に、ほんのちょっとオリジナリティを出すために、表紙にスタンプを押してみた。これがないと、のっぺらぼうで、一目で天地、前後の区別が付かないのである。いかにも旅の手帖という雰囲気が生まれたように思う。

コメント

人気の投稿